« 目が!目がぁ~!! | トップページ | プラレール軌道最速理論!! »

2008年8月19日 (火)

モーターの中身。

ども、izumoです。

コイルガンを作るにあたって、ただいま電子の猛勉強中ですww

大体は飲み込めた感じなのですが・・・

深いところは機械系なので全く分からない!!特に、コイル!!

 

ということで、モーターを開いてみましたw 百聞は一見にしかずですww

Photo  

 ご開帳~♪

 

ふぅ、無駄に3つも開いちまったぜ! 手間かけさせやがって(ぉ

ちなみに、奥からレブチューンモーター、タミヤ以外のモーターだと思われるもの(笑)、トルクチューンモーターです、はい。

どれも銅線の太さはφ0.5みたいでした。

ただ、レブチューンとトルクチューンを比較したところ、レブチューンの方が磁石が弱く、巻き数は多いようでした。

 

鉄道の界磁チョッパ制御を知っている方なら何となく分かるかもしれませんが、磁石(磁界)が強いと最高速度が伸びないのです。

逆に、磁力が弱いとトルクが出ません。

そこで、鉄道なんかの界磁チョッパ制御は電磁石によって「最初は磁力を弱くトルク重視で。ある程度加速したらトルクは必要ないので磁力を弱くして最高速を伸ばす。」といった感じの制御をやっています(違ってたらすいません(・・;)

ちょっと話がそれちゃいましたが、要は万能なモーター(コイル)は無いと言うことです。

時と場合に応じてコロコロと性質を変えられるコイルがあればいいんですがね・・・

で、気づいたことがあります。それは・・・

自分の手持ちにちょうどいい銅線が無い!=コイル製作不可!!

 

どうしよう。モーターの銅線使ったところで、大電流に対しては細すぎるし長さも不安。

買ってくるしかないか・・・。  あぁ、俺の金が・・・・・orz

それでは、今日はこの辺で。さいなら~(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪

|

« 目が!目がぁ~!! | トップページ | プラレール軌道最速理論!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173648/23092448

この記事へのトラックバック一覧です: モーターの中身。:

« 目が!目がぁ~!! | トップページ | プラレール軌道最速理論!! »