« 2年前のカメラ。 | トップページ | 悪い夢 »

2009年2月20日 (金)

友達へ

年末年始のほぼ連日のアルバイトのおかげで俺は14万円ほどを稼ぎ出した。

けれど、使った記憶も無いのに手元には4万円・・・

10万近くは生活費(借金)に回されたのだ。

この4万もいつ消えることか・・・

正直、この世は不平等だと思う。

友達の「免許取らないの?」という言葉でさえ胸に突き刺さる。

俺は「金が無い」とだけ答えた。

すると、彼は「金が無い(マイナス)」を「金が少ししかない(プラス)」と受け取ったんだろうな。

「バイトしながら―」とか「授業料は一括じゃなく分割でも―」とかいろいろと提案をしてくれた。

彼にとって・・・と言うか普通の高校生にとって「稼いでも稼いでも金を取られる」0よりも下の状態なんて考えは無いんだろうな。

でも、その優しさがただ痛かった。

出来れば全て話してしまいたいと思った。

話せば楽になると思った。

けれど、それを話せば彼は自分の言ったことに気がつくだろう。

俺にはそれすら出来ないんだと。

話したら彼を傷つけるだろう。

優しいからな。

俺のことを考えた上で提案してくれたんだと思う。

そういうヤツだということを俺は知っている。

でも、残念だけどこれは君の考えているほど軽い問題じゃないんだ。

だからこそ君にはあまり知って欲しくは無いんだ。

だけど、俺の心はそんなに強くは無い。

これを一人で受け止められるほど強くない。

だからここにそっと書きとめておく。

友達へのメッセージとして。

|

« 2年前のカメラ。 | トップページ | 悪い夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173648/28240471

この記事へのトラックバック一覧です: 友達へ:

« 2年前のカメラ。 | トップページ | 悪い夢 »