« 徹夜麻雀 | トップページ | 卒業式 »

2009年3月 1日 (日)

夢のコントロール

徹マンのせいで寝込んでました。

卒業式の予行なんて皆が立った音で起きました。

そんな中、超能力者になる夢を見ました。

どうも、izumoです。

 

超能力者ってめちゃめちゃ楽しかったです!

ドッジボールの軌道を変えたり、サッカーのシュートをスカッたのにボールが飛んだり、襲ってきたやつの動きを止めたり・・・

今考えるとしょうがないことばかりですが、あれは楽しかったです。

やっぱり、非現実的なものとかいつも出来ないことが出来ると嬉しいです♪

だから「夢」って言うんですよね・・・

 

ところで、皆さんは夢の中で「これは夢だ!」って気がついたことがありますか?

私は2~3回あるのですが、1回目のきっかけはゴキブリが滑り台を滑っているという謎めいたきっかけで・・・

どうしてそのとき「これは夢だ!」と思ったのか未だに分かりません。

もっと非現実的な夢なんていくらでも見ているだろうに・・・

 

と、話がそれましたが「夢だ!」と思えた人はその後どうしますか?

私は超能力を使ってみたかったので、地震を起こしたり火山を噴火させたりしま・・・しようとしましたw

今でも、自分の想像力の無さにはガッカリします。。。

火山は噴火してくれましたが、津波が・・・

途中まででかい波だったはずなのにいきなり水鉄砲並みの威力に変わりましたからねww

2回目のときは空を飛んだのですが、途中から飛べなくなって飛ぼうと四苦八苦してるうちに夢のペースに飲み込まれていって。

あれって下手すると、「これは夢だ!」って気づいた事すら忘れてただの夢に戻ってしまうんですよね。

「夢だ」と気づけたからこそ「何でも出来る」と思えて思い通りの世界を作れるのに、それを忘れてしまっては本末転倒ですからね。

でも、いざ思い通りの世界を作ろうとすると、自分の想像力の無さが露呈するんですよね。

全てが想像で出来た世界ですから。

夢設定と言う便利なメガネも壊れてしまっているし。

 

と、他人が読んだら分からなそうな話はここまでにして。

今まではいくら夢だと言っても超能力を振るうには「夢だ」と気がつかなくてはいけないと思っていましたが、「夢設定」で「俺は超能力者だ」となっていれば「夢」の全面的なバックアップが受けられて私は何も考える必要が無いんです。

つまり、夢に踊らされているわけですが・・・

まぁ、何事も流されているほうが幸せなんですよねww

仮に「夢だ」なんて気がつかなければ変な気も起きませんし。

それに、いろいろ夢でやろうとすると脳が活性化してきて起きそうになってしまったり・・・

あ、わざわざ続きなんて読んでくれちゃった方は申し訳ありません。。。

こんな訳の分からない話で。

じゃぁそろそろ切ろうかな(^^;

それでは、この辺で。

さよなら!

 

あ、ちなみに徹マンは俺の圧勝でしたよ!Pさんを2回はこらせt(ry

|

« 徹夜麻雀 | トップページ | 卒業式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173648/28417069

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のコントロール:

« 徹夜麻雀 | トップページ | 卒業式 »